東京八王子北ロータリークラブ
2017-18年度
会長 井上花久子

クラブテーマ 

「ロータリアン・その理想像を求めて」
―高めよう品性・深めよう他者への想い―

 このたび、2017-18年度会長を務めさせていただくことになりました。
私のような者に、クラブ運営を託して頂けたことに心から感謝いたします。
この一年間は、気力・体力の限りをロータリーに捧げる覚悟でおりますので、会員各位の、ご指導とご協力を心からお願い申し上げます。
さて、今年度、RI会長イアン・ライズリー氏が掲げるRIテーマは『変化をもたらす』です。但し、『Rotary: Making a Difference』でChangeではなくDifferenceなので、標記の「変化」という邦訳には、微妙なニュアンスの「違い」があることを、まずは認識して頂きたいと思います。
昨年度、規定審議会は大胆な規定改定(改変)を行いましたが、最終的にクラブの主体性に任されることになったことは幸いでした。
我がクラブとしては、Difference を意識しつつ、従来通りの規定に沿ってクラブ運営して参りたいと思います。

活動方針については、クラブテーマに私の思いを込めさせていただきました。
かつて、ロータリークラブは、社会的な地位、名誉、経済力に加え、高い教養を備えた人だけに入会が許される、別格のクラブでした。
今は入会資格のハードルは格段に低くなりましたが、そのハードルを更に下げようとのRIの意向に対し、かつてのロータリークラブを知る人々から多くの異議や異論が上がっています。ですからこの機会に、ロータリアンの理想像についてみんなで考え、コンセンサスを確立する必要があると思います。

次に奉仕活動についてですが、RIが各クラブにその積極的な実践を奨励していることは周知の通りです。しかし、数ある奉仕団体の一つに埋没してしまわないよう、奉仕活動の目的や内容を精査する必要があると考えます。
その奉仕活動が本当に支援対象者(団体)の自立を促すに足る効果的なものなのか、その支援が本当にロータリー活動の目的にかなったものなのか等々を見直します。
そして今年度は、『食品ロス問題』に焦点を当てた新しい奉仕プロジェクトを立ち上げることにいたします。
最近、市民活動としてのフードバンク、フードドライブ、子供食堂などの試みが始まりましたが、それらは発足間もないこともあって、支援を求めているのが実情です。当クラブとしては、この問題に関する勉強会や現地視察などを行いながら、関連団体への支援を行います。
困難な状況下にある子供たちや貧困層の実態を知ることは、他者への想いを深めることにつながるでしょう。

ロータリークラブは、歴史的には奉仕団体ではなく会員のための団体だったのだという事実をも、この機会に確認したいと思います。
我がクラブは歴史が浅い分、自由にモノが言える環境にあります。
自由闊達な議論を重ね、啓発し合い、交流を深めて、一人一人が生き生きと躍動する魅力的な“会員のためのクラブ”運営をして参りたいと思います。
これからの一年が、八王子北ロータリークラブにとってのエポックとなれば幸いです。